2020年 新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

株式会社エアグラウンド代表取締役の畠中です。

2019年は挑戦の年でした。

ついに新規事業『ワザカタログ』がスタートし、そして初めて『海外留学生インターン』を受け入れるなど、本当にたくさんのことに挑戦しました。

新規事業『ワザカタログ』

新規事業『ワザカタログ』では、大学生インターンや高校生と一緒にキャリア教育サポート事業のプロジェクトを進めています。

このプロジェクトは何もない状態からスタートしたのですが、企業13社にご参加いただくなど多くのご支援をいただきました。本当に心から感謝しております。

「海のものとも山のものとも分からない企画ですね。でも、あなたの情熱が伝わってきたので、参加することにします」

と、笑顔で参加してくれた社長さんもいました。やっと完成形が見えてきて、来年度は成果報告できそうです。

留学生のインターン受け入れ

そして、留学生のインターン受け入れでは英語が得意なスタッフがいるわけでもないのに

「とりあえず環境をつくってしまえ!」と、勢いで受け入れました。困ったときはGoogle翻訳です。

とにかく、コミュニケーションが楽しい!異文化に触れることの楽しさというのでしょうか。価値観や育った環境が違うことも、インスピレーションを刺激してくれます。

アメリカ人インターンに「2年後に、海外の優秀なITエンジニアを受け入れたいんだよね~」と相談したところ、「自社のWEBサイトに留学生向けページを追加したらどうですか」と提案してもらいました。

「そっか…。よし!」

さっそく一緒に制作にとりかかりました。

制作の過程で留学生たちの本音を聞くことができる。この機会はとても貴重な体験でした。

留学生と触れ合うことで、海外にもエアグラウンドのファンができ、今ではイタリアからサイト制作の依頼が来ています。

そして、『グローバルな会社にして、世界各国の郷土料理をスタッフにつくってもらう!』という私の夢が叶った年でもありました。

イタリア人インターンがつくってくれたカルボナーラには、生クリームは入っていませんでした。

>> カルボナーラパーティ

2020年は情報発信の年に

2020年の目標は『情報の発信力強化』です。昨年も多くの体験をしたのですが、社外広報まで手が回らず、みなさんと共有できなかったことをすごく後悔しております。

大学生インターンの成長日記。高校生たちの挑戦。進路相談に来た高校生がワザカタログ参加企業に入社。などなど…

リアルで素敵な物語がたくさんありました。

今年は、その物語をしっかりと記録して情報発信していきたいと思っています。

インターンを受け入れる理由

なぜ多くのインターンを受け入れているのか。しかも1か月以上の長期インターンシップです。

高校生が気軽に事務所に来ていることにお客さんは驚かれますが、もう毎週のことなので、日常の風景になってきました。今もこの文章を書いている隣で高校生たちが映像コンペの企画を考えています。

インターンシップがもたらす効果とは?

それは「変化に柔軟に対応できる会社」になることです。

また、学生の本音や感想を聞きながら改善を繰り返して、プロジェクトの成果を高めることができます。特にプロジェクトのターゲットがT層(男女13歳~19歳)であれば、その効果は絶大です。

この2つが新しいエアグラウンドの強みになりました。

エアグラウンドの社風について大学生のインターンがこう話してくれました。

高校生たちは直観で「好き」「嫌い」で生活しているように見えます。でも、環境に慣れてリラックスした時に高校生の本音がでてきます。その本音がとても魅力的に感じます。エアグラウンドは、相手の目線に立って、一緒に楽しむことができるので若者の魅力を引き出すことができる会社なんだと思いました。

大学生から見た社会。高校生から見た大人。

学生たちの忖度のない物語を私たちも楽しみながら一次情報として配信していきます。そして、その情報を活用していただけると幸いです。

2月からは新しい大学生インターンが2名。そして4月には台湾から留学生が来てくれる予定です。

本年もより一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。

株式会社エアグラウンド

代表取締役 畠中 裕介

お問い合わせはこちら

TEL 06 6435 9992
電話受付時間AM8:30 ~ PM17:30
(土日祝は休日)